歯周病と歯周病治療とは

歯周病は歯を支えている歯槽骨が溶けてしまう病気で、痛みなどの自覚症状がほとんどないため気が付きにくい歯の病気です。

歯周病ははじめに歯肉炎が起き徐々に進行していきます。

歯茎から血が出たり口臭が強くなったりというのも歯周病のサインです。気になった時には歯科医院で検診を受けるようにすることが大切です。



歯周病治療は軽度の歯周病であれば歯磨きをきちんと行ったり、歯石を除去すると言うような治療で済む場合があります。
しかし歯周病が進行してしまうと、外科処置や抜歯と言った歯周病治療が必要となってしまいます。

All Aboutの情報を幅広く扱っているサイトです。

そうなると治療期間も長く、治療費も多く掛かってしまうことになります。

歯周病治療のお得情報を公開します。

歯周病治療は一般的にはまず歯科医の問診があります。

今の健康状態やこれまでの病歴、経緯など歯周病治療を行っていくための話をします。その後、レントゲンを撮って骨の状態をチェックしたり、歯周ポケットの深さなどを測り歯周病の状態を診ます。その時点で回復が難しいと診断された場合にはそのままにしておくと周りの健康な歯に悪い影響を与えてしまうため早めに抜歯が行われます。
そうでない場合には、器具を使って歯石を除去し、それでは除去できない根っこの部分の歯石や細菌に感染した歯質を除去したり、歯茎を切って骨を出して奥深くの歯石や感染歯質を除去し、溶けだした歯を回復させる処置を行います。

歯周病の主な原因は歯垢であるため、歯周病治療では正しいプラークコントロールの方法の指導が行われます。治療後は定期的に検診を受けて再発を防ぐようにすることが大切です。